携帯電話の怪しいメール

ロックがかかっていた

夫行動が最近おかしいので、携帯電話のメールをこっそり見ようとした。
女性がよくやりがちですね。

 

しかし、浮気や不倫をしている男の場合、携帯電話には細心の注意を払っていることがほとんど。
ロックをかけていたり、お風呂場まで携帯を持っていったり。怪しいメールはすぐに削除していたり。

 

ですから、携帯を見ても、あまり浮気が発覚することは多くありません。
それでも怪しいメールを見つけたという場合は、ほぼクロですから、すぐに行動調査に入った方がいいでしょう。

 

逆に携帯を見たけど怪しいメールや通話履歴がなかったというケースも安心はできません。
では、どうすれば良いかというと、やはり興信所を使うということになりますね。

 

当たり前のことですが、浮気は会わないとできません。
また、いくらメールや電話で愛をささやいていても、不貞行為がないと、法律的には浮気にはならないのです。

 

もちろん、相手の女性に慰謝料を請求することもできません。

 

それからありがちなのが、レシートやポイントカードです。
避妊具を買っていたとか、怪しい店やホテルのポイントカードがスーツのポケットから出てきたとか。

 

しかし、すぐに相手を追及しても意味はありません。
うまく、ごまかされるだけです。また下手に警戒されると、次の証拠を見つけるのが困難になります。

 

気づいていないふりをして泳がせましょう。

 

ちなみにこういった間接的な証拠もないよりはあった方がずっと良いです。

 

というのは、探偵に依頼する際に、怪しい日付を特定できることがあるからです。二人がいった場所や次に会う約束のメールを見つけたらチャンスです。その日にだけ探偵に調査してもらえば良いのです。探偵の料金はそれなりにしますが。1日だけなら、慰謝料と比べればはるかに低い金額で浮気調査をすることが可能になります。それでも比較することだけは忘れないようにしましょう。