不倫の慰謝料相場

不倫は不法行為

日本では言うまでもなく、不倫は不法行為となります。

 

したがって、不倫をした者は、慰謝料を支払わなくてはいけません。

 

たとえば夫が女性と不倫をした場合、妻は、夫に対しても、この女性に対しても慰謝料を請求することができます。

 

不倫の慰謝料は、離婚をしたかどうかや、子供の人数、結婚歴、交際期間によって変わってきます。
そのため、一律に慰謝料は○○万円と事前に予想することは難しいといえます。

 

ただ、相場としては、多くのケースで300万円以内となっているようです。

 

別居や離婚をしていない場合は被害が小さいとみられやすいため、100万円以内になるケースが多いです。
一方、離婚をしている場合は、200万円以上となるケースが圧倒的に多くなります。

 

未成年の子供の数が多ければ多いほど慰謝料の金額も大きくなります。
結婚歴や不倫の交際歴も長いほど、慰謝料の増額要素となります。

 

示談は別

上記の相場はあくまで裁判となった場合です。
自分で相手と示談する場合や、弁護士に示談交渉を依頼しただけの場合は、あくまで話し合いで示談金の金額が決まります。
つまり、慰謝料を5万円とすることも1000万円とすることも自由です。

 

探偵への依頼は慰謝料を基準に考える

探偵に依頼する場合の失敗談としてありがちなのが、長期間、調査を依頼しすぎることです。

 

当然のことながら、探偵への依頼はタダではありません。
いくら証拠が取れて、慰藉料を取り立てしても、かかった費用の方が多ければ本末転倒です。
ですから、獲得できる金額の相場をよく知っておきましょう。